HOME > 企業情報 > 沿革

History

沿革

沿革

  • 2011年7月

    株式会社リーズンホワイを東京都港区赤坂に設立(資本100万円)

  • 2011年8月

    医療機関の戦略分析ツール「リーズンホワイ・Strategy」をリリース

  • 2014年1月

    医療機関のレセプト分析ツール「リーズンホワイ・Checker※1」をリリース

  • 2014年2月

    社名をリーズンホワイ株式会社へ変更

  • 2014年3月

    資本を1,000万円へ増資

  • 2014年4月

    データに基づいた病院選びのためのWebサービス、「リーズンホワイ・yourHospital」をリリース

  • 2014年5月

    資本を1,600万円へ増資

  • 2014年7月

    本社を東京都港区虎ノ門に移転

  • 2014年10月

    資本を5,600万円へ増資

  • 2015年4月

    地域医療分析ツールを使った製薬会社向けサービスを開始

  • 2015年6月

    専門医限定プロフェッショナルネットワークサービス「Whytlink」をリリース

    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)主催の手術症例登録 システム「JOSKAS eNOTE」の運営(開発および運営事務局)を開始

  • 2016年3月

    第三者割当増資により、資本を21,600万円へ増資

  • 2016年8月

    専門医限定プロフェッショナルネットワークサービス「Whytlink」を インド、東南アジアへ向けてリリース

  • 2017年1月

    医師限定のSNS、Whytlink(ホワイトリンク)アプリをリリース

  • 2017年3月

    地域医療分析ツールWhytPlot提供開始

  • 2017年4月

    第三者割当増資により、資本を61,600万へ増資

  • 2017年5月

    Whytlink ホワイトリンク 登録ドクター 2000 人突破

  • 2017年7月

    研修医の学びを競う Residenpic(レジデンピック) 初開催

  • 2017年8月

    「WhytPlot MAP(ホワイトプロットマップ)」をリリース

  • 2017年9月

    医師限定コミュニケーションツール「Whytlink」のAndroid版をリリース

  • 2017年10月

    Whytlink(ホワイトリンク)登録ドクター3,000人突破

  • 2018年1月

    「WhytPlotホワイトプロット」に病医院の外来患者数を示す機能を追加

  • 2018年3月

    Whytlink(ホワイトリンク)登録ドクター4,000人突破

  • 2018年4月

    ネット型セカンドオピニオン「Findme」をリリース

  • 2018年6月

    経済産業省、 JETRO、NEDOによるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」における「特待生(J-Startup企業)」に選定

※1:リーズンホワイ・Checkerは、yourHospitalと利益相反するため、現在は販売中止